記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ボディビルMr.熊本

いよいよ最後のカテゴリー「ボディビル」のレポートです。このカテゴリーでは、究極の肉体美を競います。ポージングパンツ(通称ビルパン)着用で、脚の筋肉も審査に大きく影響することが特徴です。熊本県でボディビルコンテストを開催されるのは、なんと26年ぶりのことであり、個人的に最も思い入れのあるカテゴリーでもあります。栄えある「Mr.熊本」の称号を手に入れるのは誰なのか。必見です。以下レポートです。今回は4選手のエ...

続きを読む

USBB-JAPAN Classic Physique 【日本初開催のクラシックフィジーク】

続きましてクラシックフィジークのレポートです。「クラシックフィジークって何??」と思われた方も多いかもしれません。近年世界中で大人気となっているメンズフィジークですが、アメリカでは年々選手の巨大化が進み、本来のメンズフィジークのイメージとかけ離れてきていることが問題となり始めました。そこで「クラシックフィジーク」というカテゴリーが新設され、競技の細分化が行われました。クラシックフィジークはアメリカ本...

続きを読む

WEST-JAPAN Bikini 

続きまして皆さまお待ちかね「ビキニ」の紹介です。今回は初開催にも関わらず9名もの選手からエントリーを頂きました。こちらのカテゴリーでは、フィットネスで培われた女性らしいボディラインとヒップラインを重点的に審査します。また、通常のビキニコンテストは競技用のビキニを着用するのに対し、今大会ではビーチ用の水着を許可しどなたでもご参加頂けるように致しました。このレポートではできるだけ沢山の選手をご紹介致し...

続きを読む

WEST-JAPAN Mr.Tank-Top Mr.タンクトップ

このカテゴリーは今大会より新設となりました。タンクトップのコンテストは過去にもありましたが、USBBのMr.タンクトップは独自のルール/審査基準を採用しています。※ルール※■無地のタンクトップを着用■ポーズはフロントとバック、そして好きなポーズの3種類(フロント・バックは前向き・後ろ向きであればどんなポーズでも構わない)■小道具として私物のサングラスを使用(使い方は自由)■主催者発表のお題に沿ったスピーチ有り(...

続きを読む

WEST-JAPAN Men's Physique +175cm / 西日本メンズフィジーク +175cm

WEST-JAPANメンズフィジークの+175cmクラスのレポートです。今大会では3名のエントリーがありました。左から 脇坂選手、フィリップ選手、山下選手(ジャッジシートより抜粋)脇坂選手:バルク◎フィリップ選手:バルク○ カット○山下選手:カット+ 脇坂選手は午前の部でドリームタンを塗りすぎて、汗と混ざってしまい色ムラができていました。午後からの決勝では上手くカラーリングし直し、良い色でのステージングだったと思います...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。